らくがき帳。

今日食べたモノとか、ハマっているシュミとか。

腕時計を買った。

お題「腕時計」

随分久しぶりになります。広告が出ていて少しビビった。

 

時計が壊れました。

実にあっけない。そして電波時計って面倒くさい!」と実感したのでした。

 

電波が拾えない場合、手動で合わせるわけですが、

コレが普通の時計の合わせ方とは異なっていて、

一々マニュアルとにらめっこしてやらないといけない。

しかも壊れているから正常に動かない→ストレスを貯めるの繰り返しで、

止まったり動いたりの繰り返しで、カレンダーですら正確ではなくなり、

現在は何でか約2時間先の時間を刻んでいます…。

 

で、先日何回か出かける機会があったので、

時計屋によって買ってきました。

 

最初に行ったお店はどの時計も1万円超えの商品ばかりで、

ちょっと迷ってしまいました。

その時はろくな下調べをしていなかった事もあって、

どれがいいものかあまり良くわからなかったのもあります。

 

それからネットで下調べをして、どんなデザインがいいかとか、

メーカーとかを調べたりして、

「これにしようかなあ」と大体のイメージを固めていきました。

 

私が腕時計に求めたモノは以下のもの。

・見やすさ重視なので、文字盤は白系。

・年齢を考えてピンク系は避ける。

・手に負えないので電波時計は避ける。

・でも電池切れは怖いのでソーラー時計にすること。

・ルミブライト付。

増税前に本命の時計を買うつもりなので、値段は安くても構わない。

 

上の条件では全くといっていいほど見つかりませんでした…。

レディースの時計ってあんまりルミブライトついてないんですね…。

「光らなくてもいい」とすると何本かヒットしました。

こんな感じのでしょうか。重さも50グラム前後。

 

見つかるといいなあ、なんて思いながら、時計屋に行ってきました。

今度のお店は「町の時計屋さん」な感じの小ぢんまりとしたお店。

でも随分昔からあるので、

「何で潰れないんだろ??」と不思議に思っていたお店でした。

ここでちょっと見てから前回行ったお店のチェーン店に行く予定でした。

あんまり期待はしていなかったのですが、

一目惚れしてしまった時計があったのです。

 

それがコレ。

個人店ということもあって、ネットの値段に比べると割高でしたが、

他にもこれくらいの値段の時計が沢山置いてあって、色々比べながら、

結局最初に目についたこの時計に決めました。安かったし!

バンドが以前していた時計に比べると少し太めだし、

ルミブライトもついていないですが、今ではお気に入りになりそうです。

 

で、ついでに本命の時計はコレ。

 元々結構なお値段のするシリーズの2017年NEWモデルです。

これもあっさりして見やすそう。お小遣い貯めよう。

 

 

広告を非表示にする

Kindleを導入して一年余り経過したが…。

紙の本を減らそう! と思いたち、

Kindleを導入したのが昨年の6月下旬。

 

で、現在。

 

全く使わなくなった…。

 

紙にはやはり勝てなかった…。

というのも、電子化は文庫化よりも茨の道っぽくて、

小さな出版社では取扱がなかったりもする。

「オトナの事情」?で作家さんによっては電子書籍は一冊も存在しない方もいる。

で、電子書籍になっていたらいたで、

「んじゃ後で買うかなー」→そのまま忘れて買わずじまい…ということも。

 

メリットは古典文学の敷居が低くなったぐらい。

日本文学の有名な古典だったら「青空文庫」でダウンロードできるし、

わからない単語とかをその場で手早く調べられるから、

読んでいてストレスがない。

Kindleにしてから夏目漱石の「こころ」を初めて読破した。

 

絶版になっているBL小説とかラノベとかも、

大きな出版社だと電子で復刊していることもあるし。

 

デメリットはシステム上の問題なので、これは使った人でないとわからないと思う。

本棚に本をきちんと「自分ルール」で並べられないとか。

最近のシリーズ本は漢数字というのはあんまり使われてないケースが多くて、

そうなると、自然と「あいうえお」順で並べられてしまって、

タイトル・シリーズによってはグッチャグッチャにされちゃう。

フォルダ分けが一階層しかできないというのがな…。

 

そんな感じにモヤっている内に、あんまり使わなくなっていました。

眠れない夜にたまーに開くと、電池切れということも割とあって。

(電池持ちはものすごくいいので、運が悪いだけ)

で、結局紙に逆戻りしてしまったわけです…とほほ。

 

自分には合わなかったんだろうな、電子は。

 

購入を検討されている方は、キャンペーン機能はついていない、

ちょっと割高なモデルをオススメします。

Kindleは種類によってスペックが異なりますので、

そこら辺はちゃんと吟味してくださいね。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

 

 

 

最近購入した「こうきゅういろえんぴつ」の話。

お久しぶりです。ンヶ月ぶりです。

一応元気にやってます。昨日無事にエアコンが動いてくれました。

去年の夏は一台がまさかの故障でエライ目に遭いましたが、

今年は何とか大丈夫そうです。

 

ああ、話題がそれそうになりました。

「こうきゅういろえんぴつ」の話でした。

 

春に以前ハマっていたジャンルのグッズやらBlu-rayやらを処分したら、

結構な金額になったので、いい金額している色鉛筆を購入した…でした。

 

ちょっと写真がないので、アレなのですが、コレとコレを買いました。

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011 [日本正規品]

120色! ぬり絵を始めた頃から割と聞く色鉛筆だったので、

ずーっと欲しいなあ~と思いながら、

「海外産だから色合いとかどうだろう…」という不安があって、

ちょっと買えなかったのでした。

価格も上下が激しくて、安い時は二万円切ってた時もあったな…。並行輸入品でしたが)

ホルベイン 色鉛筆12色パステルトーンセット

ポリクロモスだけだとパステルカラーが足らんなーと思い、

こちらも「お試し」という気持ちで購入。

ちなみにこちらは国産メーカーです。なのであんまりお値段が下がらない…。

 

さあ、これで色鉛筆での塗り絵ライフが輝くわ~(??)と思ってたんですが、

 

思ってたんですが。

 

 

水性ボールペン&サインペンでの塗り絵にハマりまして。

コレが中々、上手くいかない。

 

ただひたすら塗ればいい話なのですが、

ムラができたり(画材の扱いになれてないから)、

はみ出したり(修正がきかないから慌てる)、

色合いで失敗したり(単にセンスがないだけ)…上げたらキリがない。

 

そんなこんなで買ったら買ったで中身を確認してそのままにしていたのでした…。

(ソレ用の鉛筆削りが欲しかったのもある。)

 

なんとなく『こうなるかな~』とは予想できたのですが、

試しに塗ったら…大して…感動がなかった…のが大きいかと思われます。

何故か。ただ単にレベル不足なんだと思います…。

 

んで1ヶ月ぐらい放置して。

久しぶりに色鉛筆での塗り絵を塗っていて、「そう言えば~」

思い出しホルベインの12色をおろしたのでした。

 

感想は、こちらの方が感動は大きかったかもしれないです。

柔らかいからあんまり筆圧を入れなくても発色がいいし。

芯も軸はきもち太いです。

手持ちのカール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム ブルー A5PR-Bで削っても削りすぎということはなかったです。

次に全色セットを買うならこっちかな~と思ったのでした。

 

そしてポリクロモスも使いこなしたい…。

春になると物を捨てたくなる。

f:id:himajin7677:20170423220011p:plain

推しアニメが変わると困るのが、

それまでにハマって集めに集めたグッズとか同人誌とか。

 

押入れは有限ではありません。

ランクルームを借りるほど余裕もないし、近所にそんな施設ないし。

 

というわけで、お気に入り以外は売り払うことにしました。

 

最初はゴミの日に少しずつ出そうかと思っていたのですが、

Twitterの広告で同人誌を売り払えることを知りました。

 

普通、同人誌はブックオフなどの新古書店では買取の取扱をしていません。

押入れを圧迫する同人誌を資源ごみの日にえっちらおっちら運ぼうか…と

考えていたのですが、本というのは見かけより重かったりします。

 

さてどうするか…今回はグッズもあります。

未開封のストラップとか。届いた時に記念撮影しただけのぬいぐるみとか。

プライズフィギュアとか、ねんどろいどとか。

 

今回はそういった物も取り扱っているショップを探しました。こちらです。

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

メリットは色んなモノが売ることが出来るみたいです。

デメリットはとにかく時間がかかります。

…これは買取だけの話ではないそうです…。

 

ここに決めたのはよかったのですが、そこからが恐ろしく面倒くさくて

申し込みまで準備に2週間ぐらいかかって、

最初の見積もり査定が出るまで1週間ぐらいかかりました。

で、品物を送って最終査定が出るまで2週間ぐらい?

何だかんだ1ヶ月ぐらいかかりました…。

 

何気に場所を取っていたBlu-rayセットが高額で売れて収穫でした。

ねんどろいどは限定版はプレミアがついているのか、

定価の1.5倍のもありましたし。

今回は売りに出しただけきちんと

押入れのスペースが空いてくれたのでよかったです。

(いつもは本を売っても何だかんだ言って

スペースが空かないことが多いのです…不思議ですね…)

 

結構高く買い取ってくれたので、

苦労のかいがあったと思います。

 

これで心置きなく推しアニメの同人誌とかを集められます!

 

(それは違う…というツッコミはしないで、本人がよくわかってるから)

 

とりあえず憧れだった高級色鉛筆と、

高くてちょっと手が出なかった配色の本は購入しました。

ついでにぬり絵本も何冊か。…その話は後日にでも。

 

 

ちょっと後悔があるとしたら、

作業の過程とかを写真に撮っていなかったことですかねえ。

『色鉛筆開封の儀』も結局撮影しなかったし。

どうも写真って苦手…というのが出てしまっていけないと思う今日此頃です。

 

 

増えゆく歯ブラシ。

f:id:himajin7677:20170310212054p:plain

歯磨きマニアではないのですが、

常時3種類の歯ブラシを使って歯磨きをしています。

 

順番としては、

普通の歯ブラシ→柔らかめの歯ブラシ→ワンタフトブラシ

(ワンタフトブラシは正式名称があることをついさっき知った)

 

普通の歯ブラシで歯磨き粉をつけて磨き、

柔らかめの歯ブラシで丁寧に磨き、

仕上げにワンタフトブラシで上2本で取りきれなかった汚れを取ります。

歯医者さんに検診に行く度に買っています。

Amazonで探したいんだけど、種類が沢山あって断念したんだよね…。

 

使っている歯磨き粉はいつも行っている歯医者さんで購入するちょっとお高いモノ。

でもコレ、辛くないし、あんまり泡立たないので、

すすぎが楽です。ただ価格が高い上に、

そこら辺のドラックストアでは全く見かけないんですよねー。

最近ではAmazonで注文することが多いです。

 

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

 

 

お子様向けにフレーバーが入ってるのもあるみたいですよ。 

 

本当は仕上げの仕上げにワンタフトブラシで、

ウエルテックジェルコートとかつければいいんですが、

「ナニかを口の中に残しておく」のが嫌いなので、

こちらは使用してません。

 

ウエルテック ジェルコート F 90g 2本セット 医薬部外品

ウエルテック ジェルコート F 90g 2本セット 医薬部外品

 

 

 さて、この歯磨き方法、ちょっとした難点がありまして、

非常に時間がかかるんです…。10分は確実。

やっぱり歯磨きマニアなのかなあ~。

 

広告を非表示にする

受験の思い出。

お題「受験」

本日のお題スロットは「受験」

もう大分前の話になってしまうので、

思い出話になっちゃいますかねえ。

f:id:himajin7677:20170307102211p:plain

受験というと大学受験が思い浮かびますが、

私にとって受験は高校受験ですね。

あんまり勉強が好きじゃなかったし、

先々の事をあんまり考えてなかったので、

職業高校を受験しました。

大学とか行けなくても大丈夫なように保険をかけたわけです。

 

公立高校の受験日というのは全校同じ日。

で、中学の先生が学校までちゃんと受験校まで来たか、

正門近くでチェックを入れているのですよ…。

で、当日父が運転する車で割と早い時間に学校まで着ていた私は、

その様子を遠くから眺めていたのですが、

アレは異様だった…。

中学生の群れの中に、大人(中年のおっさん)が一人。

私の通っていた中学校は時代のせいもあったけれど、

割りと荒れていて、あんまり信用がなかったんでしょうね…。

 

さて、「大学とかに行けなくてもいいように保険をかけた」私でしたが、

破竹の勢いで簿記検定とかをクリアしていったのですが、

いじめからの不登校、最終的には難病発覚で、休学に追い込まれます。

後は「高校卒業」の資格まであともうちょっとの所のことでした。

 

病み上がりに全日制はしんどいよなあ、と思い、

大検受けてチャラにする?」と両親に言ったんですが、

大検では「高卒」にはならないからと渋られました。

 

そこで登場するのが通信制高校です。

これも受験が必要で、学力試験こそなかったものの、

面接試験はありました。聞かれた内容は、「きちんと通えるかどうか」

まるでアルバイトの面接みたいでした…。

そこの学校に合格し、その時はまだ入院中だったので、

外泊許可をもらってスクーリングを通い、

病院にいる時に暇つぶしで提出するレポートを作成していました。

ちょっと単位が足らなくて年度末にドタバタしましたが、

ここは1年で卒業することができました。

入学式の時は40人ぐらい生徒がいたのですが、

卒業式の時には半分の20人ぐらいしか生徒がいなかったような気がする…。

 

さて、こういう苦労をして高卒資格を得たわけなのですが、

それから受験して上の学校に行くことはなく、現在に至っています。

広告を非表示にする

ぬり絵を塗る上でのマイルール。

お題「マイルール」

本日のお題スロットでのお題は「マイルール」。

マイルール…考えてみると色々あるのですが、

今回は「ぬり絵を塗る上でのマイルール」をいくつかあげてみようかと思います。

f:id:himajin7677:20170306115049p:plain

1.一枚のイラストを塗り始めたら塗り終わるまで次のイラストには取り掛からない。

 どうも塗り絵ブックによって塗り方というのが違っていて、

(あっちの本はベタ塗りOKでもこっちの本は立体感重視とか)

あっちもこっちもと手を出すと混乱しそうな気がするんですよね。

 

2.塗り絵ブックは最初から順々に塗ること。

 好きなイラストだけ塗っていたら必然的に、

苦手意識の高いモノばかりが残ることになります。

 コロリアージュ「細かい!繊細!」が特徴。

手間暇だって結構かかります。

だからと言って苦手なイラストを避けていたら、

結果的にパラパラ~と見直した時に白いページが覗くのは、

あんまり美しくないなあと思います。

 

 あ、でも単に貧乏性のせいもあるかもしれない。

塗り絵ブックって何気に一冊一冊が結構しますから。

 

3.気乗りしない時はやめておく。

 そういう時に無理に塗ってもいいモノはできないと思う。

 

4.長時間ぶっ通しはやめておく。

 手、痛くなるし、長時間塗ってると雑になってくる気がする…。

 なにより手が痛くなるのが痛い。

 

3と4は最近付け加えたマイルールだったりします。

あと「ネタづくりのために写真撮影する」とか

「塗る際に使った色鉛筆をメモしておく」なんてのもマイルールにしたいのですが、

そこまで几帳面にはなれそうにないようです…。