らくがき帳。

今日食べたモノとか、ハマっているシュミとか。

受験の思い出。

お題「受験」

本日のお題スロットは「受験」

もう大分前の話になってしまうので、

思い出話になっちゃいますかねえ。

f:id:himajin7677:20170307102211p:plain

受験というと大学受験が思い浮かびますが、

私にとって受験は高校受験ですね。

あんまり勉強が好きじゃなかったし、

先々の事をあんまり考えてなかったので、

職業高校を受験しました。

大学とか行けなくても大丈夫なように保険をかけたわけです。

 

公立高校の受験日というのは全校同じ日。

で、中学の先生が学校までちゃんと受験校まで来たか、

正門近くでチェックを入れているのですよ…。

で、当日父が運転する車で割と早い時間に学校まで着ていた私は、

その様子を遠くから眺めていたのですが、

アレは異様だった…。

中学生の群れの中に、大人(中年のおっさん)が一人。

私の通っていた中学校は時代のせいもあったけれど、

割りと荒れていて、あんまり信用がなかったんでしょうね…。

 

さて、「大学とかに行けなくてもいいように保険をかけた」私でしたが、

破竹の勢いで簿記検定とかをクリアしていったのですが、

いじめからの不登校、最終的には難病発覚で、休学に追い込まれます。

後は「高校卒業」の資格まであともうちょっとの所のことでした。

 

病み上がりに全日制はしんどいよなあ、と思い、

大検受けてチャラにする?」と両親に言ったんですが、

大検では「高卒」にはならないからと渋られました。

 

そこで登場するのが通信制高校です。

これも受験が必要で、学力試験こそなかったものの、

面接試験はありました。聞かれた内容は、「きちんと通えるかどうか」

まるでアルバイトの面接みたいでした…。

そこの学校に合格し、その時はまだ入院中だったので、

外泊許可をもらってスクーリングを通い、

病院にいる時に暇つぶしで提出するレポートを作成していました。

ちょっと単位が足らなくて年度末にドタバタしましたが、

ここは1年で卒業することができました。

入学式の時は40人ぐらい生徒がいたのですが、

卒業式の時には半分の20人ぐらいしか生徒がいなかったような気がする…。

 

さて、こういう苦労をして高卒資格を得たわけなのですが、

それから受験して上の学校に行くことはなく、現在に至っています。

広告を非表示にする